発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いとは?効果や目的の違いを解説!

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いとは?効果や目的の違いを解説!

発毛剤・育毛剤・養毛剤の違いとは?効果や目的の違いを解説!

 

薄毛が気になってきた人がまず考えることは「育毛剤を使うか」ということかと思います。
多くの人が育毛剤という言葉を聞きなれていますからね。

 

ですが世の中には育毛剤以外に「発毛剤」や「養毛剤」といった商品も存在しています。

 

聞きなれない言葉だし、一緒じゃないの?と思うかもしれませんが、この3つの商品は目的や効果によって違いがあるんです。

 

発毛剤、育毛剤、養毛剤の違い!

 

発毛剤 育毛剤 養毛剤
分類 医薬品 医薬部外品 化粧品
入手方法 病院・薬局 店舗・通販 店舗・通販
目的 発毛・増毛・伸ばす 頭皮環境改善・髪へ栄養を与える 頭皮環境改善・髪へ栄養を与える
効果 ハード ソフト ソフト
副作用 あり なし なし

 

見ての通り分類によってその目的は大きく変わってきます。

 

発毛剤は完全に髪を生やすことを目的とされています。
代表的なものがAGA治療薬といわれるリアップなどのミノキシジルやプロペシアなどのフィナステリドです。医薬品ですので、副作用のリスクは常についてまわります。

 

育毛剤と養毛剤は似ているところが多いですが、効果としては育毛剤のほうが高いといえます。
ただしどちらも髪を生やすことを目的としていなくて、髪を太くしたり抜け毛を抑制したりすることが目的です。

 

すでに薄毛がかなり進行している人にとっては効果が期待できませんが、まだ進行がそこまで進んでいない人にとっては育毛剤や養毛剤でも効果が期待できます。

 

どれを使うべきなのか?人によって変わってくる!

髪が生えてくるなら発毛剤が一番いいんじゃないの?と考える人が多いかと思いますが、必ずしもそれがベストとは限りません。

 

副作用のリスクがありますし、医薬品なので医師の処方箋も必要となり簡単に使えるものでもないですからね。
人によっては育毛剤や養毛剤で安全に長期的な育毛をしたほうが効果的なケースもあります。

 

ここで少しそれぞれに合う人をまとめてみたいと思います。

 

発毛剤を使ったほうがいい人
  • 薄毛の進行がかなり進んでいる
  • 抜け毛が異常な程に多い
  • 副作用のリスクをとってでも発毛したい
  • 育毛剤ではまったく効果がなかった

 

こういった人はAGAクリニックや病院でAGA治療薬を処方してもらうべきでしょう。
薄毛の進行が進み過ぎた場合育毛剤ではどうやっても太刀打ちできませんからね。

 

育毛剤を使ったほうがいい人
  • 最近薄毛が気になり始めた
  • 現状維持でもいい
  • 副作用は怖いから医薬品は使いたくない

 

多くの人はこの段階かと思います。手遅れなレベルに進む前に、ここで育毛剤を使用して食い止めることが肝心です。

 

養毛剤を使った方がいい人
  • 髪が細くなってきた気がする
  • 今の段階から予防を考えている

 

まだそこまで気になってはいないけど、将来が不安なので予防したいという人なら養毛剤を使いましょう。早い内からの予防でそれだけ薄毛の進行は遅らせられますからね。

 

全ての人がこれに当てはまるということではないですが、参考程度にしてみてください。

 

 

ちなみにプランテルEXは育毛剤にカテゴリされますが、半年間の使用でこれだけの効果が上がっています。
育毛剤でもこのくらいの薄毛改善が可能ということなので、興味がある人はチェックしてみてください!

 

実際に半年感使用した結果がコチラです!

トップへ戻る